子供達の夢や目標を見つけて、それを叶える。
当プロジェクトでは、仕事の本質を学び、
学びの大切さを知り、達成の喜びを教えます。
どんな困難にも立ち向かい、積極的に自分の力で乗り越える。
素晴らしい若者に成長させることを目的とする。
今更、もうダメだとあきらめないで、
社会、学歴に負けない精神と技術を身につけ、
常識だけにとらわれず個性を最大限に発揮させましょう。
そのためには誰かの支えが必要です。

世間一般的な就職と比べても、当プロジェクトでは手に職をつけ、自立することができます。
もし、再び道を踏み外すことがあっても、手に職があれば、その仕事に戻ります。
悪いことをするよりも普通に働くことで稼げるとわかっているはずです。
何より、仕事の本質を知るため、人への思いが優しくなります。

それでも、本人の意思の弱さや、親のその場の優しさで逃げてしまう子供もいました。
お腹の減っている子供に魚を与えるのは一見優しさのようですが、それでは子供はいつまでたっても成長できません。

魚の取り方を教えなければいけないのです。
その時は苦しくても問題の根本を解決する手段を教えなければなりません。

非行に走る若者たちには劣等感があります。
社会的な勉学やスポーツでは人と比べると劣って見えてしまうかもしれ
ません。
ですが、喧嘩が強かったり、逃げ足が速かったり、言い訳がうまかったり、
社会の枠だけでは収まらないだけなのです。
そのパワーを社会という枠でどのように活かすか。
それを教えていくことが、当プロジェクトの目標です。

当プロジェクトは本人のパワーの使い道を指導します。
一切強制はしません。
やらされるのではなく、やりたいと思う好奇心を持たせ、それに向かって本人の意思でやってもらう。
本人の気持ちを大事にし、目標までのエスコートをする!
そして働くことで収入を得て、自立をサポートすることが当プロジェクトの役割なのです。

中学校の頃からシンナーや薬など悪いことをしてきた。
それが当たり前だと思ってた。
それがエスカレートしてきてどんどん悪いことをしてきた。
捕まっても何も思わなかった。
出てきても何も変わらなかった。
人付き合いもなにも変わらなかった。
はじめて仕事をして、社長にあった。そして、仕事は仕事だけじゃないんだと思った。
仕事だけじゃなく交流も大事なんだと思った。
人の価値観は違うけど、人との交流がこんなに大事だと思わなかった。
こんな会社があると思わなかった。
それを気づかせてくれた社長、会社に感謝したいと思う。
ありがとう。

菊池総建株式会社を設立し、自立更生支援プロジェクトを立ち上げ現在に至るまでは険しいものでした。
周りの職人が次々と単価の値下がりに耐えられず辞めていくそんな中で独立し、最初は一人でやっていた会社も少しずつ人が増えていき、頼られるようになり、不良やニート、様々な人がやってきました。

私は元々手がつけようのない不良でした。
逮捕も何度もされ、家を勘当され、その日暮らしのような生活をしていました。
ですから、不良の気持ちも、ニートの気持ちも、貧乏な気持ちも痛いほどよくわかります。

そんな中、自分の会社に来た若者たちに夢や目標を与え、達成することの喜びを教えることで変わっていく姿を目の当たりにし、当プロジェクトはスタートしました。

子供達の夢や目標を見つけて、それを叶える。目標、努力、自立がテーマです。
このプロジェクトを通じ、仕事の本質を学び、学びの大切さを知り、達成の喜びを教えたい。
どんな困難にも立ち向かい、積極的に自分の力で乗り越える。
素晴らしい若者に成長させることを目的とし、今更、もうダメだとあきらめないで、社会、学歴に負けない精神と技術を身につけ、常識だけにとらわれず自分の個性を最大限に発揮させることを目標にしています。

<菊池謙太のプロフィール紹介>
菊池謙太Facebook ↓
https://www.facebook.com/jiritsu.dokuritsu.seikounomichi
菊池謙太Twitter↓
https://twitter.com/KiCBSkO2bRUmYYN
菊池謙太ブログ↓
http://kikusou.xsrv.jp/
(菊池謙太の紹介)
http://ameblo.jp/ram1080/entry-12041924296.html
(成功への道のり)
菊池総建(株)Facebook↓
https://www.facebook.com/kikusou
   あゆみの家デイサービスFacebook↓
https://www.facebook.com/kaigo.ayuminoie
   自立更生支援プロジェクトFacebook↓
https://www.facebook.com/jiritusien.project
   格言から学 夢と目標への道Facebook↓
https://www.facebook.com/kakugen.seikounomichi?pnref=story

両親へ
今ある現実、子供のしていることを恨んではいけない。
恨みは憎しみになって返ってきます。
だから温かい愛で、いつか気がつくはずだと
自分に言い聞かせて見守ってあげて下さい。
子供のことで謝ること、頭をさげる事も多いと思いますが
それは子供を愛しているからこそできることです。
そこまでのことができる自分に誇りを持ってください。
  子供たちへ
自分に自分で限界を設けてはいけない。
夢を実現するのは1パーセントの可能性と99パーセントの努力。
1%の可能性は自分が存在していることだ。
俺が世の中で見てきた現実は、世の中は常に少数派が勝つということ。
だから周りに流されないことは素晴らしいことだと思う。
生まれてきた時代や境遇を恨みたい気持ちはわかる。
けど、今の自分は今までの自分の上に成り立っているという現象。
だからこそ、これからの自分は今の自分次第だ。
いつか必ずそれに気づく時が来る。今気づくか、何年後かにきづくかの問題です。
何かのせいにしているうちは絶対変わることはできない。
他人と違うことをしているパワーは正しいことに使おう。
みんなで一緒に頑張ろう!