引きこもり・非行|少年・少女・我が子|悩み相談・自立・更生・支援を目的としたプロジェクトです。

banner

ホーム > よくあるご質問

  • Q、内装業をやりたくない子供にも内装業をさせるのですか?
  • A、このプロジェクトの目的は仕事を通じ、物事の本質、学びの大切さ、達成する喜びを知ることにあります。
    これらを身につけ、手に職を持った後ならば、他の夢を追う時に大いに手助けになりますし、手に職をつけていることで、自信がつきます。万が一、うまくいかなかったとしても戻る場所があります。
    中学卒業後から支援プロジェクトを始めれば、自立の時はまだ21歳ほど。それからいくらでも他の目標を追うことができます。
    道を踏み外してしまった子供たちは、まずは支援プロジェクトを受けることが一番の近道だと考えます。
  • Q、社長や指導する人たちは怖くないのですか?
      また、どのように指導しているのですか?
  • A、元々悪かった人間が多いので、子供達の話もわかってあげられると思います。
    昔の自分と重ねて考えたりするので、本当に皆可愛がってくれます。
    不良は情に熱いので、仲間の絆は深いです。
  • Q、戸塚ヨットスクールや少年の更生施設にあまり良くないイメージがあるのですが、違いを教えて下さい。
  • 当プロジェクトは本人のパワーの使い道を指導します。
    一切強制はしません。
    やらされるのではなく、やりたいと思う好奇心を持たせ、それに向かって本人の意思でやってもらう。
    本人の気持ちを大事にし、目標までのエスコートをする!を目標にしています。
  • Q、120万円を預けて、5年先、6年先まで会社はあるのですか?
    内装の仕事が減ることはないのですか?
  • A、建設業は人が生活している限りなくなりません。
    特に内装を覚えると新築からリフォームまで幅広くできるので需要は一番あると考えます。
    預かり金の保証人は3名付くのでご安心下さい。
  • Q、覚せい剤やその他薬物等は、どうやってやめさせたのか?
  • A、タバコと一緒で本人にその気があればすぐにやめれます。
    本気でやめると思うか、思わないかの差です。
  • Q、当プロジェクトの目標は、仕事をさせる事ですか?
    それとも、立ち直らせることが目標ですか?
  • A、仕事を通じて働くことの本質を学び、学ぶ喜び、努力して達成する喜び、そして技術を習得し、一生生活に困らないようにします。
    そして一度目標を達成できた人は、次の目標を見つけて達成することができます。
    =立ち直り と考えます。
  • Q、実際に失敗したことはありますか?
    また、あればそれはなぜ失敗したのですか?
  • A、目標に向かって努力をしていると、必ずカベにぶつかります。
    誰でも一度や二度は逃げたくなってしまいます。
    そんな時、親が帰っていいよと言ってしまったことで楽な方へ逃げてしまい失敗しました。
    本当の優しさは何かを考えてもらいたいです。
  • Q、成功して、自立している人はいますか?
  • A、菊池総建グループ
    栄親総建 取締役社長
    宇田川裕介
    菊池総建株式会社
    専務取締役
    熊谷貴富
    菊池総建株式会社
    埼玉営業所長
    小林 衛
  • Q、一級技能士の資格取得はむずかしいものなのですか?
  • A、国家資格なので難しいです。弊社にも3回落ちた奴がいます。